NPO法人遠賀川流域住民の会の会員紹介のページへ

ふるさとまちづくりの会

   
   
   
   
遠賀川の支流である黒川下流(北九州市香月)を整備、蛍の育成環境づくりと生息域の拡張を推進しています。(上流はすでに蛍が乱舞しています)
河川敷きの3,600㎥には、「コスモスの花いっぱい運動」を展開、河川環境美化活動を推進、合わせて河川利用マナーの向上を図ることを目的として取り組んでいます。

黒川下流は雑草が生い茂り、よどみはドブ川となっている状態を環境整備し、菖蒲の植栽や、ほたるの幼虫を上流から下流へ移動します。

また、草刈りや・ビン・カン・ごみ拾いを地域住民、小学校、中学校と共同で行い環境美化活動を行っています。
不法投棄で、多くの家電製品や廃材などが放置されていた河川敷きに「コスモス園」を開設、7月の種まきから開花までの維持管理を参加18団体各人で行い、10月の花鑑賞会には、イベントとしてアドバルンを飛ばしました。
遠くは山口や熊本から「風船が届いたよ」と返信があり感激しています。
平成18年度は自画像カンバッチを作成して支給したところ、参加幼稚園園児や小学生に大変喜ばれました。

今後の方向性として、黒川沿道の中間点には北九州市の施設である香月中央公園があります。運動場やテニスコートがあり、駐車場も完備されていますこの場所を拠点としながら園児から年長者まで地域住民の多くの人々の参加により、香月のまちの中心を流れる黒川の環境に注目していただき、蛍の飛びかう「ふるさとづくり」に向け活動の継続に力を注いでいきます。
 
2018年10月26日  コスモス花鑑賞会
2018年7月7日  コスモス種まき  みどりの愛護 功労者国土交通大臣表彰
2017年10月20日  コスモス花鑑賞会